2005年10月25日

初秋

 今日、少し言葉を研ぎ澄ます。久しぶりのことで、なかなかやり方が思い出せず、若干とまどう。悲しみで肝が黒く染まる。生きることと書くことが真逆にある。見たまま、あるがまま、と心に念じて、長靴と鍬を持ち、畑へ出かける。雑草ごと土を返して、枯れ草を積み、盛大に燃やす。釣り竿持って港へ行き、ムルーを四つ釣る。北浜(ニシバマ)へ居候の女の子を迎えに行く。

画像 010.jpg

 誰もがこの島を楽園と呼ぶ。実際私も島を愛している。彼女は存分に休めたろうか? 私と同じくこの島を愛してくれたろうか? この二週間、ほとんど毎日、酒を飲んでは夜釣りに出かけ、港で倒れている私や、ひとの家の土間で勝手に寝ている私、星を見に浜へ出かけたはいいけれど、酔っぱらって波打ち際で水死体のように浮かんでいる私を介抱して、引きずってでも家に連れ帰り、布団で寝かせてくれた。今日の最終で内地へ帰る。今回の彼女の旅は終わったのだろう。目的は果たせたろうか? いい島だったか? 憶えていれば、いつかまた、訪ねておいで。焦ることない。島はどこにも行かん。お姉、きみが憶えてさえいれば。

画像 009.jpg

 私は彼女の小さな額にキスをする。それから両手の指の一本一本に。私は彼女の膝の上で眠る。彼女が私の髪を梳く。たぶん私はいつも泣いているのだろう。「マキさん、だめだよ、お酒飲み過ぎちゃ」、「うん、うん」。私はご機嫌で、愛してる、愛してる、何度も心のうちでそう呟く。夕方に、最終の船を見送る。汽笛を合図にスイッチを切る。次の瞬間から、彼女の顔も名前も思い出せなくなる。毎週のように繰り返される悲劇。私はつくづく馬鹿なのだと思う。

 鍬と長靴を持って畑へ出かける。おからと生ゴミ処理機で作った肥やしを撒き散らす。もう一度土を返して、幾つか畝を作る。

画像 012.jpg

 
posted by kawai toshio at 02:41| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんたほど生きたがってる人間もめずらしいよね。

死にたい死にたいなんていってもあまり長く続くと反対側が際立ってくるんだよね、本当は。
Posted by at 2005年11月04日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8559966

この記事へのトラックバック

芸能情報満載記事です・・あの○田来未の○秘情報が今暴かれる!
Excerpt: みなさんこれは必見!今しか見ることが出来ないお宝情報満載一度遊びに来てね。
Weblog: ○秘映像写真館
Tracked: 2005-11-27 20:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。