2005年02月23日

あと、その一

 きっと知り合い、まだこれしらないだろうから、息抜きに、無分別メモ。ちょっとヤケクソ気味に書く。そもそもidling、そういう目的だしな。もう気をつかうべき友だちなんて、ひとりも残ってないかも知れないけど。でも、自分の好きだったものに、過去も未来もない。”微かに傷つける”だけの、互いにただ退屈で不毛、しかし僅かに不快な”関係”というのが、今でも絶対に発生しないとは、誰にも言い切れない、だろう?



 前回のヤツ、クソだ。最後の会話、見苦しい。台無しだ。美貌をほのめかすのは、女流、或いは詩人の特権。俺は、単なる酔っぱらいだ。バーを愛してる。いや、愛しすぎた。その無能、嘆くべきだろうか? が、消すほどのこともないだろう。記録には意味がある。その前のヤツは、後半、悪くないと思う。

 Wolfgang Amadeus Mozart! Concert K.466。何だかヴェンさえ耳に痛い日がある。どんなに醜いロクでなしのクズにだって居場所があるなんて、話し相手がいるなんて、嘘だ。期限付きで、この暗闇と、十三分だけ雄壮で、あとは生ぬるくって、甘ったるい音楽があるに過ぎない。



 牛乳届けてくれたの、Nさんかな? ありがとう。電気代とガス代払いました。そんなのじゃ褒めてくれないかも知れないけど、だいいち、そんなの自分の為なのだけど、でも約束だから、もう二度と電話しません。



 なぜ俺がバーを愛したのか。彼等は詩や小説を知らない。薄暗がりに無言で(そう、何時間でも、ひとりで)空想する俺を無邪気に愛する。彼等は、読まずとも、知っている。「人殺しの酒」の意味を。知って尚、誰にも語るべきでない、多量、多大に過ぎる、薄っぺらな悲しみを、デカダンスを、無意識に抱きしめ、なのに! 禁断詩編「レスボス」の、あの世界を、正気で、やはり無意識に夢見てる! 自惚れ、ではない。傲慢でもないつもりだ。彼等こそ、俺の読者なのだ。書くというのは、生きることだし、デカダンスは文学ごっこなんかじゃない。生きること、冒険することだ。血みどろで、狂気じみて、幾万の軽蔑、絶望”させた”死体の山の上に。しかも、自己憐憫は一切抜きで! 



 カウンターの隅で、チンピラとアル中がサイコロ賭博をしている。その隣では、店長と、大地主で三代目の実業家氏が、税金対策と、三年後の商売について、話している。俺は誰とも話さない。十分だけ彼等を観察した。それから次の観察対象、客の来るのを待った。運悪く、その後、二時間、誰もこなかった。実業家氏の話はだんだん滅茶苦茶なものになり、来年清掃会社を始めることから、今ある競艇場の利権の扱い、パチンコで十万負けたこと、今度の九百万の仕事、口利きだけのヤクザに三百万持っていかれたこと、麻雀で五十万勝ったこと、声はどんどん高くなり、アル中もチンピラも、話に加わって、手がつけられなくなった。そんな状態で二時間。珍しいことじゃない。いつものことだ。俺は声の高さの他には、彼等がそれほど不快でないし、そもそもその日は、ひとりで少し考え事をするために店に行ったのだ。少し場違いで、店のヤツに悪いとすら思っていた。
「マキちゃん、おかわりつくる? ごめんね、ちょっと賑やかで」
「うん、おかわり、ください」
「オイ! オマエさあ」
 荒れ狂う実業家氏。確かになあ、間が悪い。気をつかってくれたんだろうが、ほら吹きの酔客(いや、彼は本当に金は山ほど持っているし、デカイ仕事もしてる。店の常連だし、あんなに酔ってなければ、もう少しマシな人間に違いない)を相手に、だけど素人じゃないんだ、シモン、タイミングが悪い。
「オマエさ、パチンコで十万負けたことある?」
「いや、パチンコとか、全然したことないんですよ」

 運が悪かった。男達はいつの間にか博打の話に夢中になり、いつか、カジノの話を。それから川崎のソープランドの話。愉快そうに話してる。一瞬、俺も勇気を出して、彼等と楽しくやろうかな、なんて思ったけど、止めた。ボードレールについて考えていた。それから、サキについて。
「ねえ、シモン、おしぼり、もらっていい?」
 右目の毛細血管が破裂していた。鼻血も出始めた。おしぼりで、顔半分、ぐっと押さえて、やはりまた何か詩について考える。何しろ今日はそれが目的なのだ。
 絶好調の実業家氏。
「でな? オイ! お前知ってる? ほんとエグいんだよ、ヤクザ。年間九百万だぜ? 口利くだけで。馬鹿らしくなっちまうよ、なあ? やっぱアレ系はなあ…、いや、まあおれだってカタギじゃ…」



 嗚呼! 私の専門は、生きることと、死ぬこと、それから女性について。自負がある。明確な意思がある。



「なあ、シモン。あのテレビに映ってるやつ、MTV? 今やってるの、第七位? あれ、なんていうの?」
「なんだろう? AIって書いてある? よくわかんない。なに、マキちゃん、ああいうの好きなんだ?」
「だって女の子、すごく可愛いじゃん。画も音も、ちょっと不良っぽくて、素敵だ」

「オイ!」
 大金持ちのアウトロー。町の顔。デカい機械。何かの王。
「Oさん、ダメだって。こっち側はべつ。こっから向こうでしょ?」
「いいよ、シモン。おれ、辛気くせえからなあ。鬱陶しいんでしょう?」

「ちっげえよ! なあ? だから、ヤクザってのはさあ…」
「本当にすみません。どうもおれ、陰気で。いつもこうなんです。でね、カジノ? ソープ? ねえ、おれ、あなたみたいにお金持ちじゃないし、事業とか、経営の苦労とか、六本木の女とか、全然わかんないけど、ね、もう少し、声落としてくれよ。考え事があるんだ」

 ダッセえ革コート。その下のカフス。俺の胸ぐらを? 本気かよ?
「あ、いや! ちょっとOさん!」
「いいよ、シモン。ねえミスター。言ったろ? おれはあなたのこと知らない。楽しい時間、邪魔するつもりも全然ない。酔ってんだろ? ね、ちょっと失礼だと思うけど、おれの目、今片目だけどさ、見てみ。ほら、ね。わかるだけの脳みそ、残ってる? うん、いい目。だからな、大声を出すな。おれに聞こえるように、知った風なことを話すな。今日は大事な日なんだ。詩について考えてる。しかも、冴えてる。考え事の邪魔をするなら、本当に殺すぞ。争いごと、好きじゃない。恨み合うのも、憎むのも。つまんないのはよそうよ。俺は今夜まだやることがある。考え事、だね」


 いつもの階段を降りる。やたらと風が強くって、嵐の気配。
「マキちゃん、ホントごめん。ありがとう」
「え? いやおれこそごめん。ごちそうさまです。ごめんね、ほんと」
「車、呼ぶ?」
「今日はね、まだ考え事、あるんだ。だからいい」
「歩くの?」
「シモン、知ってんだっけ? 俺のこと?」
「知らない」
「ん。ならいい。じゃあね。あと一軒。そのあと海に行く」



 俺は自分を隠すのは好きじゃない。知られたくないなら、騙す。暴かれて、見透かされて、嗤われることは、孤独とは違う。



 昔おれの肩にライブカメラをつけておいたら、いい見せ物になるのにね、なんて言ってくれた友だちがいた。真夜中、砂まみれ、びしょ濡れの血塗れで、潮風にガンガン叩かれながら、逗子の砂浜を歩く。ちんまりした、俺の大好きな海。だけど風のせいで波が白く泡だって、いかにも俺向きな感じ、夜空に雲が、あの独特の速さで、銀月はかの女の軽蔑、失望の白眼を思い出させてくれたし、信じられないかも知れないけれど、無人のそういう滅茶苦茶な現代の荒野に、俺はボードレールを叫んでいた。憂鬱と理想 詩篇五十七「或るマドンナに」だったか。何度も転んだし、吐いた。倒れるたびに、解放される気がした。だけどそれに甘えちゃいけない。走って、走って、岸壁を乗り越えて、最高の場所で! 狂ってると思うんだろう? 不思議だなあ。俺は正気なんだ。デカダンスは文学、芸術ごっこなんかじゃない。



 さっぱり意味がわからないのだが、曙に、海岸道路の交通整理の警備員に殴り倒されていた。彼はいい目をしていた。私のことなんて、絶対に”知りたくない”という、いい目をしていた。私があの海に、飛び込むとでも、勘違いしたんだろう。どうも、そのことで一悶着あったらしい。私は半分海に転落していた。濡れて、冷たく、彼に言わせれば、「死んでいるように」見えた。


 すこし疲れた。続きは今夜、書ければ書く。

posted by kawai toshio at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

裏切り

 私にはただ教養と経験と、才能の足りないだけで、愚昧厚顔、無能ななりに、今のやり方自体は、間違えていないと思う。

 雪になった。少し吹雪いてる。悪くない。
 いや、深夜に街灯を見上げて、そこに冷たい結晶の舞っている様を見るというのは、ひどく気分のいいものだ。そう、ようするに、いい夜だった。が、それを語るべき相手はいない。言葉など、人間も含めた、自然に対する抽象にすぎない。私の書くより人との対話を好むのは、それがまさに捨象であるからだ。文言になった後の残滓、人間。傲慢だ、なんて批判は置いといて、だって、然より言葉を抽出するこの苦痛! 貴様等、真面目で有能で、多才で、苦悩に満ちた美男美女に解るかよ。工夫はやらしい。虚しく不潔な思考の努力を経て、痴呆じみた戯言、人間。それを語るは、至上の享楽(相手が美人なら、尚よし)。が、今宵はその相手もない。

 言葉に対して、真摯であれば、その者は、狂者に同じ。私より立派な、私の大好きな人たちが、私を軽蔑する。

 一日経った。経過の為に、己の全部投げ出した。大げさ過ぎる? やっぱり気が狂ってるって思う? 正気だよ。ただ、でないと世界を消費できない。当然のことだ。

 血走った、朝。
「やあ。婆さん。いや、ママ。朝からパチンコ?」
「あら、見違えたわ。髪、ずいぶん伸びたんじゃない?(しばし、沈黙)そんな目、たった今、人を殺してきたみたい」
「それは、ずっと昔の話。今は、おれが殺される側。こんな感じにさ、無防備に」
「もう、せっかくハンサムなのに。しゃんとしよう。また痩せた? お金、いるの?」
「あんまり、甘やかさないで。知ってるでしょう。おれ、偽物だから」
「泣いちゃだめよ、色男」
「いやだ。うるせえよ、ババアって、いいたい。テメエに何が解るって、いいたい。でもおれ、たったの二へんしか会ってない、あんたに、そういえない。やめてよ。みんな、真面目に生きてる。だから、おれ、ひとりでいたい」
「うん。だからね、泣いちゃだめ、色男。格好つけて、堂々としてなさい。素敵よ」
「やめて、やめて。終わらせたい。苦しいからね。けど、あんたには話したくない。若くてきれいな、無知に漠然と、おれに好意を持ってくれる、そんな女の子がいい。そんな子に話して、終わらせたい」
「…抜群なんだけどねえ、マキ。私も、もう三十若かったら、ね」
「いやだよ。婆さん、ママ。もう話し掛けないで。おれは嘘つきだ。ひとりでいたい。生きてるの、恥ずかしいんだ」




posted by kawai toshio at 12:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

鏡 静謐 narcissus

 リアル、ねえ。

 いい詩を書く、あなた。だから私は、も一つ向こうまで。すべての嘘が暴かれるまで。ひとりの観客も読者も、居なくなるまで。どうも、私にとって、努力とは、怠惰のことであるらしい。苦しくない、ごめんなさい、そういう生き方です。威張ってるんじゃ、ありません。だって、今でもやっぱりあなたに憧れています。



「ああいう人はね、そりゃあもう絶対、友情や恋愛なんて、一生経験しないんですよ。全部作り事です。役者、舞台中毒とでも言うんですか? 自己愛がひどすぎるんです。自分を憎むことと、愛すること、二つしか頭に無い。あれは天性ですよ。絶対にね、人間らしいまともな感性を持った人なら、誰だってあんな人、相手にしませんよ」
「だからさあ、騙されるバカがいるから、本人増長すんでしょ?」
「ハッタリ屋。ようは、怠け者なんだよ」
「ちょっと世の中知ってれば、わかりそうなモンだけどねえ。あんなの一目見て、薄っぺらなインチキだって、スッカスッカの能なしだって」
「だから、ハッタリ屋」
「あれは人間なんてこれっぽっちもわかってないよ。だからあんな幸せな脳みそでいられんでしょ。普通、引きこもっちゃうよね、あんだけピントずれてたら。だけど本人、全然気付いてないし、永久に気付かない。幸せっちゃあ、幸せかもね」
「天性」



「おまえ、バカだな」
「え?」
「いや、ゴメン。違うな。バカじゃない。なんてんだろう。俺が知ってることを、知らない。なんでだ?」
「知りたくねえんだよ。犬の糞以下」
「それだ。俺は糞以下か? 冗談。そのものだ。その違い、わかるか? 意味が? なあ、おまえ、頭も悪くないし、才能も未来もある。恋人もいる。友だちも。たぶんいい奴なんだろう。だけど俺が知ってることを、何故知らないんだ? 俺はおまえを尊敬したい。好きになりたいんだよ。なあ、本当にわからないのか? きちっと目開けてるか? あれが何か、わかるか?」
「バンドマン?」
「死だよ。油断も無いのに、あのツラ、あの目。あれは死だ。マンじゃない。俺は糞以下なんて上等なモンじゃない。糞だ。道端に落ちてる。そこにある理由を誰も詮索しない。意味や価値なんか無くても、そこにある。それだけのことじゃねえか。本当にわからねえのか? そんな顔するな。おまえ、木っ端に見えるぜ。まるで能なしのクズに。やめろ、俺は好きになりてえんだ。ウンザリさせるな」



「いやだね。いやだいやだ。今、何を考えてる? 部屋なんか来たって、べつに面白くないぜ? 何もない。見せるべきものも、話すべきことも。止めてくれよ、ねえねえ、車、降りよう。ほら、珍しい嵐だ。割に月は澄んでる。空、見てみなよ。嵐だ。風も暖かい。ほら、どきどきしない? あんなに雲が速い。すごくわくわくする。きみのね、車にいるあいだ、ずっとこれのことを考えてた。早く、今夜の空が見たいって。きみは、何を考えてた? 今、何を考えてる? ロマンス? 女の子くさい、ドキドキ? 俺はね、自殺の仕方。さあ、何が聞きたい? 何を知りたい? わかるよ。ごめんね、年嵩ぶって。でも、ああ、きみが何を考えているか、大体のことはわかる。すごく素敵で、つまらないことだろう? でもね、少しのあいだ、我慢して。この空気、嵐もね。それでぐっと胸張って、首から肩、腕から指先に力を入れて、上半身がパンクするくらい、力んで。こいつは翼だって、信じるんだ。それでね、少し助走をしたら、あのマリーナの堤防から、パーッて飛び立つんだ。うん。だけど、こいつは翼なんかじゃない。なあ? こいつは翼なんかじゃない。泣かないで。素敵な空想、止める必要なんてないんだから。音楽でも聴こうか? 仲良くしよう。ところで本題。お金、貸してくれないかな? ピストル、欲しいんだ。このクソ頭、吹っ飛ばすの。今度こそ、絶対に生き延びられない…」

 オイ! なんでもいい。さっさとあの鬱陶しいキチガイを殺せ! あれはダメだ。

 アパートの前の空地で、自生らしい水仙の蕗を引きちぎる。弾みで尻餅をつく。
「ハハハ。ねえ、そろそろ本気になってきた? やめてよ、そんな顔。女くさいの、やめない? ほら、こいつの何が一番イカすか知ってる? この可憐な花、三つ。知ってる? 香りだよ。ラムネに似てる」
「ごめん、アハハハ。俊くん、ごめん。私、解っちゃった」
「いいねえ。いい笑い方だ。やっと本気かよ。馬鹿のフリすんの、やめた?」
「うん。私ダメだ。ちょっと、ついてけない。解るんだ。子供じゃないよ。馬鹿じゃない。今更、そういうの、勘弁。それ、キツいよ。絶対、無理」
「うん。そんなこと、最初から解ってたじゃん? だけど、いい謝り方だね。きみがどんだけ優しくて、知性的か、よくわかる。謝る必要があるって、感じられたなんて、たぶん天才。こうして、嘘っこの翼で、力強く…、それで間抜けな目に? ハハハハ。冗談じゃねえってな。ね、悲しいことなんか、一つもない。ついでにきみに必要なものも、ここには一つもない。わかったろ? 俺が何か。俺はね、目玉の形に似た、小さな神様。誰の頭の隅にもいる。人にとって一部であるものが、俺には全部。結晶だよ。俺はそういう種類の、新しい神様。何処にでもいる。ねえ、泣かないで。すごく可愛いのに。ねえ。フラ、踊ってよ。俺、まだあんたの名字も知らない」



 宇田川、クラブG

 マンスフィールド? サローヤン? いやいや、今日はね、ボードレール。「愛し合う男女の死」を? 「貧しい人たちの死」は? 或いは「一日の終り」。え? 興味ない? そりゃ残念。そんなら太宰の「秋風記」は? 恋愛小説ってのは、あんな風に書くモンだと思うんだけど。え? 興味ない? 失礼。ねえ、バーに行っていいかな? 踊りはいい。音楽も好みじゃねえ。こんな場所に、もう一秒だっていたくない。俺、自分がキチガイだなんて、夢にも思わなかった。そりゃ失敗はたくさんしたさ。だけど成果はあった。自己憐憫てヤツを完璧に殺せた。自信の本当の意味も見つけた。目的もできた。対価? 俺は寿命しか持ってねえからな、あとは出世払いだ。取り立てられたって、無い袖は振れない。え? 興味ない? ハハハ。だよな。俺、キチガイだったんだ。関係の中の俺は、狂人。頭狂ってんだって。信じられないよな。俺、まだ信じられない。そんなことってあるのか? そうそう、アーニーは? パパ、ヘミングウェイ。「オカマ野郎の母親」は? そう、興味ないか…。まあいいさ。自分のやり方だ。それを通すなら、ひとりでやりゃいいってだけのこと。こいつだけは、憶えておいたほうがいい、ベイビーちゃん。で、そんな目で見るな。関係の外では、俺はまだ狂っちゃいないんだからな。オイ! ジョーゼフ! くそったれのイスラエル野郎! 何でもいい、トランキライザー。それからジャック、トリプルロック、二つだ。
「マキサーン、お酒、イイノ?」
「ああ、いいんだ。向いてねえんだよ、たぶん。それからさ、マキって呼ぶな。女みてえだ」
「お金は?」
「ねえよ。いや、五千円ある。それと鼻血と寿命」
「オッケー!」



 ボードレール 藝術家の死 
 (前略)
 一生かかつても彼等の「理想の像」を成就出來ない藝術家もある、
 これ等呪はれた、落伍した彫塑家達は
 われとわが胸や額をむしつて口惜がるが、

 彼等にもまだ一つだけ希望は殘つた、(これは風變りで悲しい藝の奥義だが!)
 「死」がやつて來て、新しい太陽のやうに天に昇つて
 彼等の頭の中の花々を咲かせて呉れるかも知れないといふ希望!



 雨。懐かしい色々なことを思い出す。雨にはロマンチックな思い出がたくさんある。けれど、よくよく考えてみれば、いや、錆びて退屈に慣らされた今の頭脳で思考してみれば、いかなる時も、俺を無視し続けた賢人と、俺を許さない善人としかいなかった。裏切ることと、甘えること、試すこと、想像することなどを、絶対に許せない人間がいる。俺は俺を含めた小曲、ソンネを想う。いかなる場合も。人生は、人間は、ソンネに過ぎない、というのはさすがに冗談だが。明日の予定も、将来も、家族に対する遠慮も、義理も、およそ人間らしいと言われている”習慣”の、すべてに苛つき続けてきた。考えがあってのことじゃない。そんな風に生まれついた。理解できる回路を持っていない。変わるチャンスは幾らでもあった、のかも知れない…


 パンドラの美しかったのは…、いや、女性というのは、あのパンドラの物語の、美の核心を、自然に備えている。その幾億の瞳に、私は溺死した。



 飲んだくれるってこと。明日の予定、仕事、約束、リズム、家計、良識、分別、すべてに目を瞑る。明日を捨てる。明日だけを。バーには希望などない。慰めも親切も、刺激も出会いも、感傷も。新鮮で有意義なあらゆるものはない。バーの男達は、全員そんな風に目を瞑っているべきだ。センチメンタルというやつは、常に血に飢えている。安息とは、怠惰と同義。スピリッツの羊水。バーという子宮。
「いつもので?」
「なあ、パリでは、違うのか?」



 二日間、酔い続け、三つの物語について考える。Yさんを抱きしめる話。自己憐憫を抱かずに泥酔する奥義。実践主義教育的な死。懐かしい恵比寿のバーへ。相変わらずスカしたクズたちが、ロクでもない飲み方をしてる。
「なあ、タン、トウ。ボリュームを下げてくれ。考え事があるんだ。あとな、好みじゃない。ビリーにしよう」
 大気は雪の降る前みたいに程よく湿って、けれどそれほど寒くはない。俺の一番好きな空だ。ロマンチックな曇天。海の側に戻りたい。そこで、あらゆる誤解を受け入れたい。


 苦しくない、悲しくない、むしろ皆さんごめんなさいね、そういう生き方だ。好きでやってる。だいぶ学んだから、今度こそ、平気だと思う。携帯電話のメモリーも全部消した。ガッツは取り戻しつつある。小説を書く。Kさんと、インターネットに、感謝。で、お願いなんだけど、誰か五万円貸してください。お礼に、ええと、我が家の水仙を。その一言が言いたくて、十枚書きました。いくらか身体を削って書いたつもりですが、それすら自己の陶酔に過ぎず、読者につまらなかったら、ごめんなさい。
posted by kawai toshio at 12:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

Jazz Vo

 しかしCassandra Wilsonってのは、胸の張り裂けるほどによい声で歌う人だね。
posted by kawai toshio at 06:53| Comment(3) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。